地域医療連携

  1. 北津島病院ホーム
  2. 地域医療連携


外来のご紹介

当院ではご紹介患者様を積極的に受けております。
それぞれの専門の医師がプロとしてしっかりと患者様を診療いたします。

精神科にご紹介いただく先生方へ

当院では、成人・小児の精神疾患全般について診療を行っております。

外来診療は、別途記載のとおり月曜日から土曜日まで行っております(外来担当表はこちら)。
通院加療目的にご紹介の場合、初診外来の予約をお取りいただく形となります。

てんかんや認知症のBPSDは、精神科でも神経内科でも扱います。認知症の診断は神経内科へご紹介ください。
入院加療をご依頼の場合はこちらをご参照ください。

各種お問い合わせやご依頼については、精神保健福祉士が対応いたします。
下記までお気軽にお電話ください。

神経内科にご紹介いただく先生方へ

神経内科・一般内科疾患の診療が可能です。以下のような方でも対応可能です。入院・通院を含め、お気軽にご相談ください。

  • 心原性脳塞栓の慢性期などのワルファリンコントロール
  • 膠原病や各種自己免疫疾患に対するステロイドや免疫抑制剤の維持療法
  • 顔面けいれんや眼瞼けいれん、痙性斜頸に対するボツリヌストキシン投与
  • 多発性硬化症や多発筋炎などでのIFN-βの自己注射(ご依頼いただく場合には、薬剤の準備のため事前にご連絡いただければ幸いに存じます)
  • ステロイド精神病を合併したがステロイドを切ることができない自己免疫疾患
  • 各種慢性身体疾患にうつ病や不安障害、せん妄などを合併した例
  • 不穏のコントロールが必要な身体疾患(重篤でないもの)
  • セカンドオピニオン
  • その他、極力ご相談に応じます

なお、ご紹介いただく際、MRIやSPECT、神経電気生理の検査情報がある方は、プリントアウトまたはデータにて添付していただけますと、幸いに存じます。

「入院も含めて相談したい」という先生は下記をご覧ください。


入院のご依頼

地域医療連携室にお電話ください。ベッドおよび日程の調整を行い、当院よりご連絡いたします。緊急性の高いケースは迅速に対応いたします。診療情報提供書も早めにFAXしていただきますとスムーズです。
なお、入院の最終判断は当院の外来担当医が行うことを、患者様・ご家族様にお伝えください。
精神科に限らず、神経内科、児童精神科でもケースにより入院を受け付けております。お困りの際はぜひご相談ください。誤嚥性肺炎などの身体疾患でも極力ご相談に応じております。

入院前提でお越しいただく際に必要な持ち物類はこちらをご覧ください。


デイケア・デイナイトケア通所希望者様のご紹介のお願い

平素より、当院の診療にご協力いただき、誠にありがとうございます。北津島病院では、当院以外の精神科病院、精神科クリニックに通院されている患者様が、当院デイケア・デイナイトケアセンターへの通所をご希望される場合の受け入れを、積極的に行っております。貴院通院中の患者様で、ご希望の方がいらっしゃいましたらご紹介いただければ幸いです。

手続き方法

  • 手続き上、一度は医師の診察が必要になりますので、当院への受診をお勧めください。その際、簡単な診療情報提供書をご用意いただき、デイケア・デイナイトケア利用希望の旨をご記載ください。
  • 当院の診療受付時間は、月~土曜日(祝祭日を除く)の午前9時から午前11時30分までです。
    診察の際に、デイケア・デイナイトケア利用希望の旨を医師にお伝えください。
  • 当院初診日だけは、自立支援医療は適用されません。通常の健康保険の利用となりますので、一定の負担額が必要となります。生活保護受給者の方は費用はかかりません。
  • 初診日当日は、
    初診日当日
    翌日からでも北津島病院デイケア・デイナイトケアセンターのご利用が可能となります。